瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館|愛媛県松山市。和ガラスの展示、企画展。


型吹きガラスの魅力
ー 同時開催「ビーズの世界」令和元年9月19日~令和2年3月8日


型吹きガラスとは、紋様を付けた金型や土型にガラスを吹き込み形づくるもの。型に制約され不自由で窮屈と思われますが、日本の季節を巧みに紋様化し、おおらかで美しい作品が残されています。江戸時代の型吹きガラスは動植物、あるいは伝統的な吉祥紋をモチーフに、段重や皿、組みものの向付や蓋茶碗など豊かな意匠を生み出しました。型跡の美しさ、やわらかさに、日本情緒あふれる感覚がうかがえます。同時開催は、江戸時代のガラスビーズによる珍しい作品を紹介した「ビーズの世界」。


江戸の暮らし -粋な遊び-令和2年3月19日~令和3年3月7日


江戸時代、「びいどろ」「ぎやまん」と呼ばれた和ガラスは、宴の席を涼やかに演出し、洒落者の装いや嗜みに華を添えました。茶席の菓子器、秋の虫聴きに使われた虫籠。洗練された簪や根付は、いかにも趣味の良い貴人の持ち物であったとうかがえます。食のうつわをはじめ、住まいの道具や装身具など、瓶泥舎コレクションから粋な遊びごころいっぱいのガラスをよりすぐり、江戸の暮らしを鮮やかに再現。


prev