瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館|愛媛県松山市。和ガラスの展示、企画展。


びいどろの道具
江戸の粋と遊びごころ  平成29年11月25日(土)~平成30年3月11日(日)


日本で本格的にガラスのうつわ作りが始まったのは、17世紀半ば、江戸中期のこと。16世紀に南蛮船がもたらした透明なガラスは、異国への憧れとあいまって、江戸の人々の心をとらえました。「びいどろ・ぎやまん」の名で呼ばれた和製のガラスは、様々な生活道具となって、裕福な人々の暮らしを優雅に彩ったのです。 瓶泥舎コレクションは、江戸文化を想像させるたくさんの道具を所蔵しています。目にうるわしい、遊びごころいっぱいの作品を一堂に会し、今では見ることのできなくなった日本の手わざを再認識できます。食器とは違う道具の世界をご覧いただける展覧会です。

prev