瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館|愛媛県松山市。和ガラスの展示、企画展。


カラフル!ワンダフル!
びいどろの神髄、色彩の魅力平成27年3月7日(土)~9月6日(日)


『びいどろの神髄』とは、華やかさの中にも侘び寂びを感じる「色彩」と、江戸文化を背負った生活様式からくる「形」であると瓶泥舎は考えます。 四季の移ろいの中に、日本人の美の心を宿した伝統色。日本では古来、暮らしの中に多彩な色合いを取り入れ、繊細で微妙な色の世界を見出し、その豊かな情趣を愛でてきました。透明、瑠璃、琥珀、藍、紫、若草など、日本のガラス製法の中で、自然素材や天然鉱物から生まれた独自の色彩は、光を通すガラスでしか表現できない魅力に満ちています。


開館5周年記念特別展
びいどろ・ギヤマン名品展平成27年9月12日(土)~平成28年3月6日(日)


平成23年4月9日に瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館が誕生し、早いもので5年目を迎えることができました。瓶泥舎ならではの独特な企画を立て、年2回の展示替えを行ってまいりました。記念すべき10回目の展覧会は、『びいどろ・ギヤマン名品展』とし、瓶泥舎コレクションの中から、この機会にしか見られない優れた作品の数々を厳選し、中でも瓶泥舎が追及している「美しい」という観点からこだわり抜いた世界を展開します。


びいどろのうつわ展
日本情緒の美に迫る平成28年3月12日(土)~9月11日(日)


江戸ガラス特有の美しい琥珀色の茶碗。金型に彫りを入れその中にガラスを吹き込む「型吹き」により、菊唐草紋が浮かび上がっている。5客揃いというのも圧巻である。 瓶泥舎美術館では、『びいどろのうつわ展』と題し、愛らしく、華やかな数々の食器を皆様にご観覧いただける展覧会を開催。鉢や徳利など凛とした独立した美しさと、向付や皿など数揃いの迫力を感じていただき、和食が無形文化遺産に登録された今、日本人として誇る食とうつわを、江戸の文化を想像しながらご覧になっていただければ幸いです。


prev